治療家ドットコム

手技施術に携わる人の和を広げたい

回答受付中 整体Q&A

【埼玉県川口市の整体QA】ストレッチをしたことで逆に膝の外側を痛めた

更新日:

患者さん
埼玉県川口市に住んでいる、30代女性です。
先生よろしくおねがいします

痛みの部位は具体的にどこですか?

痛みの部位は具体的にどこですか?

患者さん
左膝の外側です。
ふくらはぎの中心から膝の上までの痛みがあるのでわりと広範囲にかけて痛みがあります。
膝を曲げてストレッチを行うときに痛みを感じやすく、運動前のストレッチで苦労します。
直後に比べると、段々と痛みは少なくなってきているものの、全く痛みがなくなったということではないので、一生治らないのでは?と今更怖くなっています。
特に左のお尻をストレッチしようと曲げて前に倒れたりすると痛みを感じやすいようです。
姿勢整体院リプレ
左膝外側の痛みの原因は、左の殿筋(お尻の筋肉)と太ももの外側の筋肉の疲労による筋緊張である可能性が高いです。
ストレッチで引っ張ることで、筋緊張をより強めてしまっていることで痛みが出ているのでしょう。

+ 続きをみる(クリックして開く)

外側の筋肉が引っ張られているということは、内側の筋肉が縮んで動かなくなっていることが考えられますので、開脚などで内もものストレッチをしてみてはいかがでしょう?

外側と内側の筋肉の張り具合を均等にしてあげれば、外側の負担が少なくなって疲労が溜まりにくく、緊張も起こりにくくなりますよ

スポンサーリンク


アドバイス入力フォームへ

原因に思い当たる節はありますか?

原因に思い当たる節はありますか?

患者さん
3ヶ月ほど前に、習い事(運動)の前にストレッチをしていたときです。
寝転んで、片方の足を曲げ、片方の足を真っ直ぐにして曲げた足にかけ、太ももの後ろ(ハムストリングス)を伸ばそうと思いっきり胸の方に足を引き寄せたところ
真っ直ぐにしていた方の足が「バキッ」といいました。
その時は、痛みが強かったものの、しばらくしたら治るだろうと安易に考えていたのですが、それから、ずっと、ふくらはぎの少し上から膝の痛みが続いています。
姿勢整体院リプレ
運動時のストレスやストレッチ時の負荷というよりも、元々普段の歩き方や日常よくする姿勢などで外側に負荷がかかっていることで、慢性的な疲労による緊張が起こっていたことが考えられます。

+ 続きをみる(クリックして開く)

ストレッチは、その疲労による緊張がピークに達した時の起爆剤となったわけです。ストレッチをきっかけに痛みが出てしまった状態です。

今までは疲労が溜まった状態に慣れていたので痛みは感じなかったと思いますが、一度痛みを感じ出すとその疲労による筋緊張を緩和しないと、完全に除去することは難しいでしょう。

スポンサーリンク


アドバイス入力フォームへ

自分で何かやっていることはありますか?

自分で何かやっていることはありますか?

患者さん
痛めた直後は、あまり動かさないほうがいいだろうとほっておいていました。
特に湿布など自分で対処したり、病院などには行っていません。
理由としては、たまに体を痛めることがあっても、しばらくすると治っていることが多かったので、今回も治るだろうと思っていたことがあります。

痛めた直後よりは良くなったものの、じわっとした痛みは続いています。
特に左足を曲げてストレッチをしようとすると痛みが出るので、あまり負荷をかけてのストレッチはしていません。

姿勢整体院リプレ
動かさなくなることで一時的に疲労は取れるかもしれませんが、いざ動かした時にまた同じ痛みが起きますので、日常生活での動作で動かしながら体を使い方を変えていくことをしていかないと、今されている運動はおろか、日常生活を送ることさえできなくなります。

+ 続きをみる(クリックして開く)

さきほどお伝えした内もものストレッチなど、今までご自分がやったことがない方法を試してみて下さい。

ちなみに歩く時のポイントは、

1、踵から地面に着地するのではなく、足先もしくは土踏まずから地面に着地させて歩く
2、顔を上げて胸を張って歩く
3、足を前に出すのではなく、後ろに蹴るように歩く

この3つを意識して歩くと外側にかかる負荷が減らせます。

文字だけでのご説明で分かりづらい部分もあるかと思います。またご質問がございましたらすぐにお問い合わせください。

あなたのお悩みが一日でも早く解決できることを心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク


アドバイス入力フォームへ

この患者さんにアドバイスした先生

姿勢整体院リプレ|大阪府箕面市

大阪府箕面市で唯一【難治性】膝の痛み・変形性膝関節症専門整体院。病院や整体で治らなかった膝の痛みでお困りで、手術せずに膝を治したいというあなたのお力になれるご提案をさせていただきます!

-回答受付中, 整体Q&A,
-

Copyright© 治療家ドットコム , 2020 All Rights Reserved.