治療家ドットコム

手技施術に携わる人の和を広げたい

治療家SEO

【治療家のためのSEO】見出しタグ、アンカータグの正しい使い方って?

更新日:

サイトのコンテンツやブログを書いていると「タグ」という言葉に引っかかります。

なに?タグ?

僕も、「これ、どうすんの?って」なりました。文章書いたりするのは、メールやワードで慣れていても、WEB上では少し勝手が違いますもんね。

この記事ではタグの使い方の中でも、見出しタグとリンクを貼るためのタグについて説明します。

見出しタグってなに?

「見出し」はサイトに限らず、文章を簡潔に分かりやすく伝えるために使います。

オンラインのコンテンツの場合には、「見出し」タグを使います。この時に使うのはhから始まるタグになります。

hタグ(見出しタグ)を使うことで、ユーザーと検索エンジンが文章の内容を理解しやすくできます。

見出しタグを使うとCSSの設定によって、吹き出しのデザインや太字などに装飾が施されます。ユーザーにとって、見出しがあれば、ささっと目を通すだけで大まかなな内容が伝わります。検索エンジンは、見出しタグを使っている箇所が見出しであることが伝わり、概要を伝えられます。ワードプレスのテーマやプラグインによっては、見出しのデザインやカラーを簡単に変えられるものもあります。

見出しタグの使い方とは?

見出しと言われても、把握しにくいかもしれませんので、具体的に見ていきましょう。

階層を持たせて使う

見出しタグには<h1>、<h2>、<h3>、<h4>、<h5>、<h6>の6種類があり、数値が大きいほど、見出しの大きさは小さくなっていきます。
これらを使い分けて、下の図のように文章に階層を持たせます。

見出しタグには回数の制限がありません。ただ、タイトルである<h1>タグにはページの内容を表すキーワードやフレーズにするべきです。使うのは原則1回。h1タグに含まれるキーワードはページごとによって違うようにすべきです。

h2タグ以下は内容を要約してものであるべきで、潜在患者がみてすぐに理解しやすいものにしましょう。
見出しタグは使いすぎでも、全く使わない場合でも、読みやすさの観点から言うとマイナスです。普段から本を読んだり、他の人のブログやサイトを見るようにして、見出しの使い方を学んでおきましょう。

使う順番には気をつける

タグの順番には気をつける必要があります。h2→h3→h4の順番になるようにしてください。見出しタグは文章の構造を表すために使います。h4の下にh3を使うようなことはルール違反でもありますし、検索者が読みにくくもなりますので、順番に使ってください。
サイトの設定により、デザインが気に入らない場合は、CSSでデザインを変更して使うようにして下さい。

<a>要素とは?

アンカーテキストとは、<a>タグ内に記述するテキストのことで、WEBページ同士をつなぐことができます。リンクのアンカーテキストには、リンク先のページに関連するキーワードを記述する必要があります。そうすることで、そのページがどんなページであるかを検索者にも、検索エンジンにも伝えることができます。

例を挙げると、下の赤字部分がアンカーテキストです。

<a href="https://yao-diet.com//">大阪で唯一の腰痛専門整体院</a>

実際にリンクを作ると次のようになります。リンク先が初心者を対象にしたアフィリエイトに関するページであることをユーザーに伝えることができます。

大阪で唯一の腰痛専門整体院

アンカーテキストは検索エンジンの評価要素の一つ

アンカーテキストも検索エンジンの評価項目の1つです。有名な例でいうと、「出口」で検索してみてください。検索順位1位がYahoo!になります。

これはアダルトサイトなど、年齢認証が必要なサイトで「あなたは18歳以上ですか?」の質問があります。この質問に対して、答えのボタンが「入口(18歳以上)」と「出口(18歳未満)」がります。

それらのサイトの「出口」ボタンの多くがリンク先にYahoo!を選んでいます。つまり、多くのアダルトサイトが「出口」ボタンのアンカーテキストを、「出口」としてリンク先にYahoo!を設定しているということです。
結果、検索エンジンがYahoo!を「出口」というキーワードで高い評価を受けていると判断して、1位にしたというわけです。

適切なアンカーテキストがSEO効果を高める

Yahoo!の例でわかるように、アンカーテキストはSEOに有効です。しかし、キーワードをむやみに詰め込んでもダメですし、羅列だけでも評価されません。適切な長さのフレーズにする方が評価は高いようです。

適当に内部リンクを貼るのでなくて、きちんとリンク元のキーワードを考えてアンカーテキストを使うことでSEOにも効果があります。

まとめ

見出しタグ、アンカーテキストは使い方がある。

きちんと使えばSEOに有効

ただし、これだけで上がるということではない

-治療家SEO

Copyright© 治療家ドットコム , 2019 All Rights Reserved.